アセンブリⅢ

3(4)年次に行うアセンブリです。TBLを取り入れたアセンブリ活動です。

2017年

《テーマ》
認知症の方とご家族が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには
●課 題

□ 模擬事例を通して認知症の方の課題と支援について考え、自身の職種や他の職種についての理解を深める
□ 認知症の方やご家族が地域で暮らしていくための支援について考えを深める

●資 料

 ※ 薬剤解説資料以外は外部リンクです
1)認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)パンフレットpdf
2)京都式オレンジプラン
3)全国国民健康保険診療施設協会「認知症の人や家族を地域で支えるために」pdf
4)中日新聞記事「認知症に優しいまちづくり 愛知県、健康の森周辺にオレンジタウン」
5)日経新聞記事「認知症患者が別の病気で入院、対応てびき「ある」6%」
6)薬剤解説資料pdf

○動画資料

 ※ 外部リンクです
バアちゃんの世界
折り梅
アルツハイマーの母
認知症フォーラムドットコム

●日 程

□ 1日目:6月 7日(水)13:20~17:10
□ 2日目:6月16日(金)13:20~17:10
□ 3日目:6月23日(金)13:20~16:20

●場 所

□1・2日目:生涯教育研修センター1号館6階 601・602・603
       生涯教育研修センター2号館5階 501
□ 3日目:フジタホール2000(発表会)

●参加する学生

□ 藤田保健衛生大学 医学部    3年
□ 藤田保健衛生大学 医療科学部  3年(一部の学科は4年)
□ 日本福祉大学   社会福祉学部 3年、4年の一部
□ 名城大学     薬学部    5年の一部


アセンブリⅢとは

●専門職連携教育

□専門職連携教育とは、学生が学部学科の垣根を越えて、患者さんの「健康問題」を考えることです。
□ 将来、自分が従事する専門職を理解し、他の専門職となる学生を尊重し、ともに学ぶことの大切さに気づいて欲しい。

●地域思考型学習

□ 視点を地域へ広げると、地域住民の「健康問題」を考えることになります。
□ 学生さんも地域の一員として、何ができるかを考えよう。

●TBL(Team-Based Learning、チーム基盤型学習)という小グループ学習

□ 学生が多学科混成チームに分かれて学びます。
□ チームのメンバーに強いまとまりと結束が生まれます。

TBL