アセンブリⅢ

3(4)年次に行うアセンブリです。TBLを取り入れたアセンブリ活動です。

2017年

《テーマ》
認知症の方とご家族が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには
●課 題

□ 模擬事例を通して認知症の方の課題と支援について考え、自身の職種や他の職種についての理解を深める
□ 認知症の方やご家族が地域で暮らしていくための支援について考えを深める

2017年6月23日 発表会 資料pdf
●日 程

□ 1日目:6月 7日(水)13:20~17:10
□ 2日目:6月16日(金)13:20~17:10
□ 3日目:6月23日(金)13:20~16:20

●参加した学生

□ 藤田保健衛生大学 医学部    3年
□ 藤田保健衛生大学 医療科学部  3年(一部の学科は4年)
□ 日本福祉大学   社会福祉学部 3年、4年の一部
□ 名城大学     薬学部    5年の一部

●大学連携賞

□ 86班 タイトル「安楽な状態でみとることができる」

photo

●学生が選んだ優秀賞

□ 1位 73班 タイトル「在宅療養の継続に向けて」
□ 2位 86班 タイトル「安楽な状態でみとることができる」
□ 3位 21班 タイトル「認知症患者のための暮らし」

line
●学生が選んだ優秀賞 表彰式

日時:平成29年10月28日(土)11:00~11:10
場所:学園祭ステージ

line

2017 アセンブリⅢ 概要pdf

アセンブリⅢとは

●専門職連携教育

□専門職連携教育とは、学生が学部学科の垣根を越えて、患者さんの「健康問題」を考えることです。
□ 将来、自分が従事する専門職を理解し、他の専門職となる学生を尊重し、ともに学ぶことの大切さに気づいて欲しい。

●地域志向型学習

□ 視点を地域へ広げると、地域住民の「健康問題」を考えることになります。
□ 学生さんも地域の一員として、何ができるかを考えよう。

●TBL(Team-Based Learning、チーム基盤型学習)という小グループ学習

□ 学生が多学科混成チームに分かれて学びます。
□ チームのメンバーに強いまとまりと結束が生まれます。

TBL